2歳〜4歳のお子さんにおすすめ動画!dTV版

動画見る親子 子育て

dTV配信動画の中でも、2歳〜4歳頃のお子さんにおすすめできる動画をご紹介します。

この頃になると自我がしっかりと出てきて、生活習慣が身につき、1人でできることも増えてきます。

一方でお友達とのやり取りの中でルールを守れずに喧嘩が増えてくる頃でもあります。

そこで生活習慣やお友達との接し方を含めた動画を、おすすめしたいと思います。

動画見る親子

スポンサーリンク

おすすめ①

『ノンタンといっしょ』です。絵本の読み聞かせでも利用されている保護者の方が多いのではないでしょうか。

ノンタン

出典:dTV

「ノンタン おしっこ しーしー」はおむつ外しの際に、よくおすすめされる絵本です。

動画でも、ノンタンがイタズラをしたり、ルールを守らなかったり、年下の子に優しくしなかったりと、いわゆる「困った行動」を取ります。

仲間たちが困ると、様々な現象(いわゆるバチが当たる)が起ったり、ノンタン自身が怪我をして、痛い経験をします。

お話の最後は必ず仲間と助け合ったり、時には1人で考え行動を変えていきます。

ノンタンは男の子ですので、実際のイヤイヤ期後半の男の子に近い設定になっているなと感じました。

ちなみに女の子のイヤイヤ期は、自分で着る洋服を決めたかった〜とか、パパっ子だったので、パパとママの間に必ず割り込んできたり、言葉で表現できないもどかしさというよりも「ザ・女!」って感じでした。

もちろん男女差のないイヤイヤもありますが、強いて挙げるならこんなところです。

子供たちはノンタンから、他人にしてしまうと「嫌な気持ちにさせてしまうこと」を学び、してしまった後の仲直りの方法を知ることができます。

また保護者の方は、子供のイヤイヤ期の状況の参考になるかと思います。

 

おすすめ②

『しまじろうのわお!』です。幼児教育の「ベネッセチャレンジ」で有名なしまじろう君。

しまじろうのわお!

出典:dTV

赤ちゃんの頃から教材を利用されて、すでに馴染み深い方も多いのではないでしょうか。

お話の中に知育、生活スキル、歌、ダンスが盛り込まれています。

現在配信されているお話は257話〜285話。

ちょっと中途半端に感じますが、お話は一つずつで完結しているので、子供たちには違和感なく楽しんでもらえると思います。

大人たちのキャラクターもたくさん出てきて、しまじろうたちと接するので、保護者が一緒に見ているとハッとさせられる場面もあります。

保護者の方が「私はこんな接し方をしてしまっていたな…こう接し方を変えてみよう!」と発見ができるところも、おすすめする理由です。

歌やダンスはノリノリで一緒に遊べるので、何度も繰り返し見て一緒に覚えちゃいましょう!

お子様の映画デビューや劇場デビューも「しまじろう」でできるので、しまじろうをお友達にしておくと保護者の強い味方にもなってくれます。

しまじろう 映画

出典:dTV

もちろん「ベネッセ」に入会されている方は『しまじろうクラブ』に登録しても動画を見ることができます。

最新話を一ヶ月間公開しており、更に他50話ほどが並んでいます。(更新日は毎週日曜日)

 

おすすめ③

『アンパンマン』です。

アンパンマン

出典:dTV

これも超有名ですよね!幼児のいるご家庭には必ず一つ、関連商品が置いてあるのではないでしょうか。

dTVには『アンパンマンチャンネル』が配信されています。

現在公開されているお話は717話〜776話ですが、作品毎に配信期間があり、最新話は随時更新されていく仕組みです。

アンパンマンの映画も『アンパンマンチャンネル』とは別に、たくさんの映画が配信されています。

2019年製作の『映画 それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』もすでに配信されています。

アンパンマン 映画

出典:dTV

2020年製作映画は残念ながら公開延期となり、2021年6月公開予定のため、dTVでの更新も止まっています。

 

 

 

内容は改めてご紹介する必要はないかも知れませんが…パン工場のジャムおじさんが作ったアンパンに、命の星が宿り誕生したのがアンパンマン。

困っている人がいないか毎日パトロールをして、お腹が空いている人には、自分の顔であるアンパンを分け与えます。

パトロールを始めたきっかけは、ジャムおじさんが崖から落ちたところを助け、皆が喜んだことで人を助ける喜びを覚えたから、と物語の中で語られていました。

皆を困らせるのはバイキン星からきたバイキンマン。

脅威の科学力(UFOやらロボットをとんでもない速さで作製してますよね)で皆の食べ物を奪ったり、楽しそうなことを邪魔したりします。

最後には、大体アンパンマンにアンパンチかアンキックで追い返され、バイバイキーンと去っていきます。

でもたまにホッコリと終わることもあるんです!

それはバイキンマンに誰かが優しくしてくれた時!

バイキンマンは優しくされると、何もせずに(何もできずに)「今日はこれくらいで勘弁してやる」と捨て台詞を追加して、バイバイキーンと去っていきます。

トラブルを力以外で避ける、一つの手段を教えてもらった気がします。

物語の中では命の大切さや、諦めずにやり抜く!など子供たちへのメッセージがたくさん詰まっています。

 

おすすめ④

『ハローキティシリーズ』『シナモンシリーズ』などサンリオキャラクターたちが、生活ルールや平仮名などを教えてくれるお話です。

サンリオシリーズ

出典:dTV

どちらかというと可愛いキャラクターが好きな女の子向けかも知れません。

ほんわかしたキャラクターとお話で、ゆったり見ながら生活ルールを学ぶことができます。

また『ハローキティのおやこでいっしょ!English』と英語を学ぶこともできます。

キティ英語

出典:dTV

幼児期は急速に脳が成長する時期ですから、語学の吸収スピードが大人より格段に早いと考えられています。

3歳で英語を習い始めた娘も、いつの間にか色や形を「英語では〜って言うんだよ」と教えてくれるようになりましたし、英語の動画を見ていることもあります。

家族には日本語以外を話せる人はいませんが、英語の先生とは、少しだけ英語でやり取りができているようです。

また自宅で英語に触れる機会を作ることで、アウトプットはまだ難しくても、インプットし聞き取る耳を作ることはできています。

動画であれば、映像からどんなことを伝えようとしているか、想像することもできるので、自宅で始めるには手軽でおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか?

生活習慣などを身につける、お役立ち動画が多めにはなりましたが、親子で会話を挟みながら見ることができる内容がメインです。

どれも子供達に伝えるため工夫が施され、飽きさせない作りになっています。

また最後にご紹介した英語学習ができる動画は、以前ご紹介している『ディズニー+』を導入すると、全ての動画が英語切り替えに対応しているので、簡単にネイティブな英語に触れる機会を得ることができます。

日本語で繰り返し見た後に、英語に切り替えて見ることができるので、語学習得に役に立ちます。

 

 

 

ディズニー作品がお好きな方はぜひこちらも検討してみてはいかがでしょうか。

親子で満足できる動画配信サービス!おすすめ2選!配信内容とは?
おうち時間が増えた昨今、親子の時間が増えたのは、いいことだけではありませんよね。そこで子供と一緒に楽しめる動画配信サービスを探し、体験しました。その中でも実際に有料登録したものをご紹介します!この2つがあれば十分楽しむことができますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました